★ 1-on-1 Online Japanese Lesson ★

#72 いざとなったら

Learn Japanese @Satominchi → Anchor ・ Spotify ・ Apple
This is a Japanese podcast for intermediate and above learners.

こんにちは、みなさん。さとみんちポッドキャストへようこそ。
今日はだい72回目かいめ放送ほうそうです。はじまるよっ。

あらためまして、こんにちは。さとみです。
みなさん、お元気ですか。私は今日も元気です。

今日はね、性格せいかくの話をしようと思いますが、今までに性格せいかく単語たんごザザっと紹介しょうかいしたエピソードがありましたが、今日は一つにしぼってお話ししますね。まずみなさんに聞きたいことがあるんですが、みなさんは何かがこる前にさき見越みこした行動こうどうできますか。それとも、何かがこってから対処たいしょしますか。

私はというと、アメリカに来てからアメリカ人とくらべてづいたんですが、ある程度ていど保証ほしょうされていないと安心あんしんできないので、基本的きほんてきさき見越みこして、早め早めに行動こうどうするようにしているんですが、そう思いつつもめたそく行動こうどうするタイプなので、何かがこってから対処たいしょすることもあります。

日本人は将来しょうらいかんがえて行動こうどうする人が多いです。心配性しんぱいしょうというか安全あんぜんのが好きというか、ただなかなか自由じゆうしたいことができない反面はんめん失敗しっぱいする心配しんぱいはしなくてもいいですからね。

アメリカ人はというと、「人生じんせい一度いちどきり」っていうスタンスきている人が多いようにかんじます。「いざとなったら…」っていうタイプで、例えばお金はかせいだかせいだだけ使うとか、次の仕事はめてからさがとかね。「いざとなったら」は、「緊急きんきゅうの時が来たら」という意味です。日本では大人おとなあれば、なかなかこういうことをするのは考えられないですね。時間やお金、あとはこころ余裕よゆうがある人であればできると思いますが、そうでなければ、むずかしいですね。

心配しんぱいしすぎたらチャンスをのがしてしまうかもしれないし、「いざとなったら」と言って考えないで行動すると、しがつかないことになってしまうかもしれないし。どちらがいいとは言えませんが、そう思うと、やっぱりバランスや経験けいけんは大切ですよね。いつチャンスにのか。いつべきではないのか。みなさんはどうですか。先のことを考えて行動するですか。それとも「いざとなったら」と言うですか。考えてみてくださいね。はい。

ということで、今日は「チャンスはのがしたくない!けど、いざとなったら…ではおそいかも」のおはなしでした。わからないところがあったら、ウェブサイトのtranscriptionをチェックしてみてください。
では、また次のエピソードでお会いしましょう。
またね。ばいばい!

文法チェック

N2【~つつ(も)】=~だけれども、(結局悪いことをしてしまう)。思う・知るをよく使う。
N3【~反面】=It means “~, but on the other hand….” It’s used to present good and bad, both sides of one thing.
N3【~べきではない】=“shouldn’t ~.”

2 Comments

年を取って考えことは若いの時全然違いません。自分のより家庭、子供のこともっと大切です。何かが起こる前に先を見越した行動ができて安心です。

Leave a comment